ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 連絡帳 | main | 山口へ >>
2000.05.16 Tuesday

癌の転移

朝方6時前、「何でこんなに痛いんだろう。今までの人生で一番痛い」と訴える父。どの程度の痛みなのか私には想像も出来ない。

午後4時半、母と母の友人と一緒に担当医からの説明を受けた。

連日の検査の結果、父の癌の進行はとても早く一気に広がり、背骨、肺、肝臓へ転移していた。どうやら先生方にも判断しにくい場所に癌があったようだ。あの時の鎖骨骨折も転移の仕業だったのだろう。

あまりに突然の宣告。以前の話では、最期はもう少し後のニュアンスだったのに・・・。容態が悪いのは見て分かるのだが、現実としては受け取めたくない、信じたくない、そんな感じだった。

明日、いよいよホスピスへ向かうことになった。以前から話をしていた通り、最期は山口県のホスピスで過ごしたいと話し合った。しかし今の状態では、以前言っていた救急車での移動は負担が大きいので無理と判断。至急JRに連絡を取ってくれ、新幹線での移動が決まった。

それからすぐ後に、病室で父本人と一緒に待っていた妹にも告げられた。父はとても毅然とした姿で、しかも冷静に受け止めていた。「あとどれくらいですか?」との父の問いに「それはあなた次第です。一週間になるか、一ヶ月になるか」と医師。あまりに辛い告知をされて、側にいた妹の方が嗚咽が出るほどに泣いてしまった。その時、父が妹の頭を優しくポンポンとたたいた。その仕草は、まるで大丈夫だよ!とささやいているように見えた。

今日は、母が父の側で泊まる事にした。私と妹は夜中まで旅立ちの準備をしていた。皆、心は、志はひとつである・・・。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album