ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 父の目に映る写真達 | main | 闘病を終えて・・・ >>
2000.05.29 Monday

父の旅立ち

母の添い寝

午後10時03分、何気なく母が父のベッドへと向かい、父の側へ横たわり抱きしめた。そして、「パパ、もうママのこと抱き寄せてくれないの?」と切ない想いを伝えた。でも母の願いは届くことはなかった。

ホスピスに来てからは、父のベッドへふざけて横になることもなかったのに、母の以心伝心だったのだろうか?そんな行動に出た母の姿を思わず写真に収めていた私。

それからわずか30分ほどで父は旅立った。
苦しむことはなかった。少し息遣いに異変を感じたぐらいだった。ほんとに安らかに永遠の眠りについた・・・。母の温もりに包まれ安心したのだろうか?

先生が病室に来た時には、心臓は既に止まっていた。そして約30分後に来られ、首の頚動脈の停止で最期となる。

父は旅立つ時を自分で選んだのだろうか? 午後9時半頃までは親族が来ていた。みんなが帰り、家族4人だけになる時を待っていたのだろうか? 大好きだった家族。父の口癖は『我ら家族4人、いつも一緒!』だった。ホントに父は家族を1番に考え大切に大事にしてくれた。私達娘にも惜しみない愛をたくさん注いでくれた。

父との別れを悲しみ、泣き喚いた後、母が父にこう言った。「パパありがとう。ママは強くなったからもう大丈夫よ。安心してね!」と。この言葉を聞き、父はきっと安心して天国へと旅立つことが出来たのではないだろうか。

その後、普通なら看護婦さんや業者の人達がする『湯灌(ゆかん)』。それを私達はさせてもらえた。入浴室へと父を運び、頭から足の先までをきれいに洗ってあげた。随分細くなった父の身体をいつまでも洗っていたかった。まだ別れたくはなかった。信じられなかった。
そして、ひげを剃り、化粧をし、お気に入りの服を着せて準備は整った。
コメント
お父様も喜んでいると思います。私も去年 最愛の母を失いました。
  • 2010.01.15 Friday 13:17
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album